青汁で便秘

おいしい青汁のおすすめ通販ランキング

便秘解消の効果があると言われ、それのために青汁を飲んでいるという方も少なくないかと思います。特に便秘になりやすい女性の方の場合だと、便秘解消効果があるという青汁は嬉しい存在でもあるのではないでしょうか。

便秘に絶対にならないという方はいませんし、男性の方でも年々、便秘を経験する方が増えていると言われてますから、青汁は女性だけに嬉しい効果があるというものでもありません。

便秘はストレスや疲労によって胃腸が弱ってしまうことで起こる場合もありますし、食生活の乱れや野菜不足、体内リズムの乱れなどで起こる場合もあります。女性の場合だと生理前などは特にホルモンの影響を受けて便秘になりやすいという方が多いものです。

青汁に便秘解消効果があると言われるのは、青汁に含まれる大麦若葉やケール、ゴーヤや明日葉といった野菜には多くの食物繊維が含まれています。これらの食物繊維は不溶性食物繊維と言われますが、この不溶性食物繊維が多く含まれていることが大きな理由です。

この不溶性食物繊維は保水性があり、腸内で水分を含んで元の10倍くらいの大きさにまで膨らみ、それが腸を刺激するので、お通じが良くなるんです。お通じが良くなるということは、老廃物がきちんと外に排出されることでもありますから、青汁の効果にある肌の調子が良くなったり、アンチエイジング効果があるというのにも通じるかと思います。

しかし、まことしやかにささやかれている噂に、青汁を飲むと逆に便秘になるというものがあります。これの真偽は定かではありませんが、不溶性食物繊維の過剰摂取は便秘を起こす原因にもなる可能性については否定できません。

それにプラスして、体質には個人差が大きいものですから、もしかすると胃腸の弱い方などは、逆に青汁を飲むことで便秘になってしまうのかもしれませんから、ご自分の体質のことも踏まえて青汁を飲み過ぎないように注意することも必要なのかもしれません。

基本的には青汁を飲むことで便秘になるということはないと考えて問題はなさそうですが、先ほど書いたように体質によっては便が出づらくなってしまう可能性は否定できません。しかし、大多数の方々が青汁を飲んで便秘になったとは言っておられませんので、基本的にはそういった心配をする必要はなさそうです。

ただ、何事においてもそうですが、食べ過ぎ、飲み過ぎ、摂り過ぎはいくら健康のためにと思ってやっていたとしても、体に負担をかけるだけです。せっかく健康のために摂取していても、過剰摂取はその嬉しい効果を台無しにしてしまう可能性があるというのを忘れないように注意しましょう。